株式会社アイトシステムロゴ

誤薬チェッカーの仕組み


薬袋にQRコードを張り付けておき、iPhoneアプリでQRコートを読み取ります。 服薬対象者に渡す前に、服薬対象者の名札や食券などのQRコードを読み取り、QRコードが一致した場合、正しい投薬対象者であることを通知します。 不一致の場合、警告音と音声メッセージ、バイブレーション等で投薬対象者が間違っていることを知らせます。

お使いのiPhoneで利用可能なので、専用ハードウェアは不要です。



QRコードの内容


使用するQRコードの内容

QRコードの内容は01から99までの二桁の数字と服薬対象者の名前(ひらがな)で構成されます。 二桁の数字は、例えば服薬対象者のQRコードには01を、薬袋のQRコードには02を割り当てます 二桁の数字をQRコードを張り付ける対象毎に変えておくことで、読み取り対象の間違いを検出することができます。



画像ファイル管理


QRコード読み取り時に服薬対象者の写真を表示することができます。
端末毎にカメラで写真を取ることもできますが、端末の台数が多い場合は、作業の手間がかかる為、サーバに接続し、写真データをダウンロードすることができます。 サーバからの写真データは端末アプリ内のDownLoadフォルダに保存されます。 又カメラで撮影したデータはUpLoadフォルダに保存され、DownLoadフォルダにコピーされます。 サーバへのアップロードはUpLoadフォルダのデータが転送されます。



ネットワーク接続


写真データの管理の為にお客様が用意したPC(サーバ)やインターネット上のサーバにアクセスすることができます。 誤薬チェッカーは以下の3種類のサーバアクセスに対応しています。


Windows共有接続

Windows共有フォルダ接続

セキュリティの観点から施設内の端末をインターネットに接続したくない場合があります。 そのような場合は、施設内で閉じたネットワーク内でアクセスできるWindowsパソコンをサーバとして利用可能です。 Windowsパソコンで写真を保存しているフォルダを共有設定することで誤薬チェッカーからアクセスすることができます。

クラウド接続

クラウドサーバ接続

施設内にネットワーク環境がない場合、アイトシステムが用意したクラウドサーバが利用可能です。

SSH(SCP)接続

SSH(SCP)サーバ接続

介護施設でレンタルサーバ事業者を介してホームページの開設を行なっている場合、レンタルサーバ事業者のSSH(SCP)サーバが使える場合があります。 そのような場合、SSH(SCP)サーバを誤薬チェッカーのサーバとして利用可能です。





ページのトップへ戻る