株式会社アイトシステムロゴ

誤薬チェッカー導入事例

薬袋にQRコードを張り付けておき、iPhoneアプリでQRコートを読み取ります。 服薬対象者に渡す前に、服薬対象者の名札や食券などのQRコードを読み取り、QRコードが一致した場合、正しい投薬対象者であることを通知します。 不一致の場合、警告音と音声メッセージ、バイブレーション等で投薬対象者が間違っていることを知らせます。

お使いのiPhoneで利用可能なので、専用ハードウェアは不要です。


POINT1

誤薬リスクの減少

QRコードの比較と顔写真を用いた服薬確認でヒューマンエラーによる誤薬リスクの減少を実現します。

POINT2

配薬作業の効率化

QRコードをiPhone端末で読み取るだけで、配薬確認が完了します。人手によるダブルチェックの置き換えを図ることができます。

POINT3

配薬コストの削減

配薬にかかる介護工数を減らすことで、配薬コストを大幅に削減することができます。







ページのトップへ戻る